蓄電池・オール電化事業部

未来住宅完成 エネディア《三菱EVパワーコンディショナー SMART V2H》

未来住宅完成 /エネディア住宅のコンセプト / EV車蓄電池の活用法とは? / 安心と経済の融合!
全国に先駆けて、ソレイユでは三菱モニター販売商品の電気自動車で充電と放電が可能な
EVパワーコンディショナー「SMART V2H」を配した、未来型システムの販売を開始。
全ての電力を太陽光で取り入れ、全ての家電製品を稼動させる為の電力をEVカーで充放電するENEDIAエコ住宅、これからは※1全ての光熱費を太陽光発電で賄う事が可能な時代到来!
エネディア住宅TV-CM開始!

電気自動車(EV)に電力を蓄えて、家庭で使う。先進のV2Hシステムがここに。
三菱の「SMART V2H」は、電気自動車(EV)と※2太陽光発電システム(PV)、系統(電力会社からの電力)、三つの電力の使用可能は世界初のEVパワーコンディショナーです。
新しいエネルギーソリュージョンとして注目されるV2HシステムはCO2を削減・地球温暖化防止に貢献し、大きな革新を世界に先駆けもたらしました。
これからは 「SMART V2H」が、家族の暮らしに必要な安心と快適生活をお届けします。

※1 太陽光システム容量、EV車のバッテリー容量、現在の電気代等で全ての住宅が対象とは成りません!
※2現状、EVパワコンSMART V2Hを確実に作動させる太陽光システムは三菱製となります。
他社太陽光システムと連係する場合、各販売店に確認して下さい。

エネディア住宅のコンセプト

未来住宅完成 /エネディア住宅のコンセプト / EV車蓄電池の活用法とは? / 安心と経済の融合!
エネディア住宅のコンセプトは、生涯快適光熱費0円住宅と言った所でしょうか!
「SMARTV2H」によるEV車での電力受供給は、他社の受放電(EVパワコン)ステーションでは不可能である停電時の太陽光発電による充電が可能な世界で唯一のEVパワコンです!
又、放電容量も6kwhで他社製品の2倍以上を誇り、一般家庭の※1全電力を供給でき全電化製品を稼動させる事が可能なEVパワコンも「SMARTV2H」のみです!

三菱電機のスマートハウスソリューションビデオ

私どもECO事業者は、未来の子供達が安心して暮らせる環境創りを最大のテーマと位置づけし、CO2削減での地球温暖化防止・エルニーニョ現象発生の低減等が急務となってます!
全国各地で起きている異常気象問題は、各地に大きな被害をもたらし生活に多大な影響を及ぼしています!
一人の力では何の助けにもならないと思われる方が多いですが、各個人のECOに対する取り組みにより、※2脱原発・火力発電所の減少に貢献できます。
今後、日本が世界の見本となれる様な環境創りに皆様方が貢献する事は、即ち光熱費0円住宅エネディアで家庭の安心をも同時に行える画期的な最新システムと考えてます!

※1 メインブレーカーが6A以下のご家庭が対象です。
※2全国の1割の方が「SMARTV2H」を取り付ければ日本の原発を稼動させる必要が無くなると考えられます!

EV車蓄電池の活用法とは?

未来住宅完成 /エネディア住宅のコンセプト / EV車蓄電池の活用法とは? / 安心と経済の融合!

今までの蓄電池は通常時はサブ的な存在で家計の補助でした。
災害等が発生の際は、冷蔵庫・テレビ・PC・照明等で利用可能です。

エネディア ENEDIA住宅では?
今まではエアコン以上の家電は対象外だった蓄電システムが「SMART V2H」パワーコンディショナーにより、大型家電まで稼動させる事が可能になりました。

今までの蓄電池との違い!
皆様が求める蓄電システムとは、本来充電した電力で大型家電まで電力を賄うシステムでは・・・
オール電化で電気料金の恩恵を受けれても、停電時にエコキュートもIHクッキングヒーター、エアコン、ドライヤー等 消費電力が高い家電は蓄電池で動かす事が出来ませんでした!
それは何故か?
バッテリーの容量の問題、放電システムで電圧を上げれない等で750w未満の家電のみ対応でした。

エネディア ENEDIA住宅は?
三菱が開発した「SMART V2H」パワーコンディショナーは、電気自動車のバッテリーを利用するシステムです。
蓄電池が5kw〜7kw程度なのに対し、15kw〜24Kwで3倍以上の充放電が可能です。
価格的にも100万〜250万程度に対し、日産リーフの中古車市場は100万位で購入可能!
又、「SMART V2H」の場合、放電量が6kwまで可能ですのでエコキュート・IH・エアコン・
ドライヤー等も稼動可能となりました。

エネディア ENEDIA住宅が未来型の理由?
1:太陽光で発電した電気をEV自動車に充電(安い深夜電力で充電も可能)余った電力は売電出来、殆どの家庭が2日間程度賄える電力を貯める事が可能です。
2:深夜電力及び電気自動車を使用するとき以外の電力は、電気自動車から放電可能。
3:災害時の長期停電=可能性的のは低いですが、震災時にガソリンが無かった事を覚えてますか?
スタンドに届く少量のガソリンを求め、車の行列が至る所で!
もう、心配要りません!
晴れてさえいれば太陽光で充電しEV車利用可能+不自由のない生活の可能です。
IHも使えますので調理も可能、水さえ有ればお風呂にも入る事が出来るのです。

安心と経済の融合!

未来住宅完成 /エネディア住宅のコンセプト / EV車蓄電池の活用法とは? / 安心と経済の融合!
各家庭が電力を時給自足できる時代の到来!!
これからの、ECO住宅で基本路線と位置づけし、メーカーと共にECO事業に貢献して行く所存です。










未来に向けてメリットの高いECO住宅を、ご提案いたします。

お問い合わせはこちら