アフターメンテナンス事業部

アフターに付いて!

弊社ソレイユでは、定期的なアフターを行う為、専属の部署を設け定期アフターを行う事となりました!

太陽光は基本的に壊れるシステムではございません!
それでも、定期的にアフターを行う事で、より安心を得れる事が重要だと...
今回の見なし認定の件で、施主様に直接送られた一枚のハガキ!
弊社にも多数の、お客様より問い合わせが殺到いたしました。
4月1日時点では、経済産業省より明確な申請法が明記されてない状況でした。

弊社では、何度も直接確認し、その都度対応して参りましたが、途中で変更等を余儀なくされた経緯がありました。
通常、みなし認定申請は、施主様が対応しなければ成らないと経産省は言って来ましたが、簡単な作業の様に言ってますが、実は非常に面倒で慣れが必要な作業です。
弊社では、アフターの一環として全契約者様の、みなし認定を無償で行ないました。

又、ご報告を兼ね、モニターチェック等で発電に不備があるかなど、訪問チェックを実施して参ります!

アフターメンテナンス事業部 担当者:石井

システムチェック

私どもの取り扱うパネルメーカーは、品質管理が十分なメーカーしか取り扱いしていません!
メンテナンスに付きましても、モニターチェックを十分に行い発電量を把握する事で、仮にシステムに異変が生じた場合、メーカー保証で十分に対応可能です!

弊社が行なうアフターでも、十分にチェックできます。
ただ、パネルの汚れや部分的な不具合等は、メンテナンスを取り入れる必要があります。
弊社のメンテナンスパックは、お客様が不安を感じた場合及び定期的メンテナンスの分類され、各パックは有料となります!
最も重要なメンテナンスは、メーカー保証が切れる、半年前位に行い全てのパネルを赤外線サーモグラフィーにて、パネルの不具合(セルの亀裂等)を検査し保証で交換申請まで行なう事でしょう!
何も無くて当たり前ですが、システムを20年〜30年以上大事に使用していく上で、このメンテナンスシステムは重要になって来ると考えています。

赤外線サーモグラフィーシステム導入も、安心をお届けできる企業として当然の事と思っております。

パネル洗浄及びパネルコーティング!

パネルの汚れは、砂ぼこり・花粉・PM2.5・水垢などで汚れてしまいます。
皆様は、水道水等でパネルを綺麗にする方も多数見受けられます!
果たして、水道水でパネル掃除を行なって良いのでしょうか?
本来はNGなのです、パネルに水道水をかけると水道水に含まれるカルキが、パネルに付着しシリカスケールとなる事が確認されています、お風呂の鏡に付くうろこ状の現象です。

※大げさではありますが、この様な感じなる事もございます。

弊社メンテナンス洗浄は、水道水を純水に変える機械にて、純水洗浄を行ないます!
又、お客様が定期的に洗浄出来る様、親水パネルコーティングなどもお勧めしています。
親水パネルコーティングを行なう事で、パネルの汚れを雨で清掃できる事、汚れが付き難くなります。

測定結果表

測定結果を元にシステムに異常が出た場合、速やかにメーカー対応を進め、弊社工事会社にて修復作業に取り掛かります。
どのメンテナンスパックを選ぶか、ご判断いただけらばと思います!

1:通常メンテナンスパック
システムのチェック、電圧測定、架台のボルト等緩み、パワコン正常稼動、パネルの汚れ等
2:洗浄メンテナンスパック
通常メンテナンスパック+パネル洗浄
3:コーティング、メンテナンスパック
洗浄メンテナンスパック+パネルコーティング
4:エコキュートタンク水抜きメンテナンス

電力計測結果 ※電力測定及びサーモグラフィーチェックにて、異常を確認した場合、メーカー保証を申請し無償交換で対応可能!
お問い合わせはこちら