Qcells 加積載Q.MAX!

収支を上げる為には、加積載システムが必須

Q.MAXの魅力

売電単価 1kw21円時代で収支を出す、過積載パッケージ!

Qcells、最強バージョン「加積載Q.MAX」登場!
Qcellsが低圧50kw未満の低圧専用パッケージがQ.MAX、Q.ANTUMセルを駆使したQ.PLUS-G4.1 BFR 285を用いた加積載パッケージは、実発電量が高く収支を高める仕様です。
世界出荷量NO.1のモジュールQ.PLUS-G4.1 BFR 285は、品質・発電量もお墨付き、低圧最高のパフォーマンスを発揮いたします!


過積載で発電量MAX!
      ※この図が示す様に過積載分で捨ててしまう電力以上に、年間を通じメリットが上回り売電量が大幅にUPするのが、過積載「マキシフィット」の魅力です。

当然ですが部材代金、工事代金は高額と成りますが、投資で考えると年利10%以上の資産価値で施工可能となりました。(メリット的には21円+消費税で売電でも採算可能な仕様でご提供いたします。)
又、日照条件及び設置場所等の条件下では利回り12%以上でる可能性も十分有りえます!
真南20度傾斜で110,000kwオーバーの地域もあり、シュミレーションで年間231万円(税抜き)以上の収入も可能です!(地域、影の影響で上下します)

土地や広い屋根が余っている様であれば、まだ間に合います「Qcells Q.MAXパッケージ」で収支計算してみませんか?
収支が合わないようでしたら、ストレートにお伝えいたします。
売電単価21円を乗り切る為に、考えられた「Qcells Q.MAXパッケージ」に魅力を感じませんか?

各パネルメーカーが打ち出す発電量は、設置容量の80%が最大発電量と成ります、この約20%分以上を加積載し、朝晩及び曇りの日等で発電量を上げるシステムは、売電価格低下の今期にマッチングしたシステムとなりました!

部材代金、工事代金は高額と成りますが、投資で考えると年利10%以上の資産価値で施工可能となりました。
又、日照条件及び設置場所等の条件下では12%以上でる可能性も十分有りえます!

真南20度傾斜で95,000kw~110,000kwオーバーのシュミレーションで年間215万円~250万円以上(地域、影の影響で上下します)

弊社では、産業用太陽光システムをお勧めするにあたり、試算計上での収支が出ない場合はお勧めしません!

今からでも産業用低圧50kw未満に興味を持たれた方は、弊社までご連絡頂ければと思います。
メーカー保証も充実し自然災害補償10年間セットの「Qcells Q.MAXパッケージ」に魅力を感じませんか?

※ 誰しもが思う事が一つ、パワコン容量を超えた電気はどうするの?
余った電力は使用出来ません、凄く損をした様に思われる方が多いのですが、総発電量の3%〜4%にも満たない為メリットの方が断然高いのです。
低圧50kw未満でありながら発電量は50%以上も多く、収支の面で貢献してくれるのが過積載パッケージです。